2019.10.6 05:03(1/2ページ)

楽天、千賀から4発で先勝!浅村が先制&同点2発、九回内野安打で〆て3打点

楽天、千賀から4発で先勝!浅村が先制&同点2発、九回内野安打で〆て3打点

五回に同点弾を放った浅村。難敵の千賀を攻略した (撮影・山田喜貴)

五回に同点弾を放った浅村。難敵の千賀を攻略した (撮影・山田喜貴)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、ソフトバンク3-5楽天、楽天1勝、5日、ヤフオクD)セ、パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)が開幕し、パはレギュラーシーズン3位・楽天が、同2位・ソフトバンクに5-3で逆転勝ちした。浅村栄斗内野手(28)が2本塁打を含む3安打3打点と大暴れ。CS史上最多に並ぶ1試合6本塁打が飛び出した“空中戦”を制した。楽天は、6日に勝てば2年ぶりのファイナルステージ進出が決まる。

 敵地ヤフオクドームに、ため息と歓声が交錯した。楽天は千賀に7三振を奪われながらも4本塁打を浴びせて逆転勝ち。相手エースを攻略しての価値ある1勝に、2本塁打を放った浅村が胸を張った。

 「自分にとっても、チームにとっても、いい1本になった。短期決戦なので、とにかく先制点を意識した」

 まず振り返ったのは一回2死の場面。右中間のせり出したホームランテラスに先制ソロを運んだ。2-3の五回2死では千賀が投げた154キロの内角直球を振り抜き、左越えの同点ソロ。試合の流れを引き寄せる2発目に「打ててよかったです。とにかく甘い球が来たら打とうと思った」と会心の笑みを浮かべた。

 大事な初戦を前に、平石監督は選手を集め「思い切りいく。思い切り攻めよう」とハッパを掛けた。落差のある“お化けフォーク”を操る千賀に対し、小谷野打撃コーチは「三振を恐れるな。空振りをしてもいい。目付を低くしろ」と強調していた。

 打線は開き直り、低めの球を積極的に振って難敵攻略につなげた。三回にオコエが左越えソロ、七回には茂木も決勝弾となる左越えソロで続いた。浅村は九回にも適時内野安打で駄目押し。レギュラーシーズンのソフトバンク戦では打率・163と封じられていたが、“天敵”に倍返しを果たした。

 「みんなが硬くなっているところで、ヒデ(浅村)がうまく打ってくれた」と、指揮官は今季西武からフリーエージェント(FA)で加入した3番打者を絶賛した。今季と同じく3位で臨んだ2017年のCS以来となるファイナルステージ進出へ、犬鷲軍団が一発攻勢で弾みを付けた。 (広岡浩二)

【続きを読む】

  • ファンの声援に応える楽天・浅村栄斗=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)
  • 1回、本塁打を放つ楽天・浅村=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 1回、本塁打を放った楽天・浅村を迎える楽天ナイン=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 5回、本塁打を放つ楽天・浅村=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 9回、楽天・浅村が適時内野安打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 投球する先発の楽天・則本昂=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • 3回、本塁打を放つ楽天・オコエ=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 7回、本塁打を放つ楽天・茂木=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • 7回、勝ち越し本塁打を放った楽天・茂木=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)
  • 投球する楽天・松井=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)
  • ソフトバンクに勝利し、喜ぶ楽天ナイン=ヤフオクドーム(撮影・山田喜貴)
  • お立ち台でファンの声援に応える楽天・浅村=ヤフオクドーム(撮影・加藤孝規)