2019.10.6 08:00

【エモやんの舌好調】DeNA、単刀直入に言うと…ベンチワークの失敗!

【エモやんの舌好調】

DeNA、単刀直入に言うと…ベンチワークの失敗!

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、DeNA7-8阪神、阪神1勝、5日、横浜)ふだん、小手先の投手リレーばかりしていると、大事な試合でこうなる。DeNAだよ。

 七回、北條にまさかの3ランを浴び、動揺したエスコバーをその裏、打席に立たせ、八回も続投。しかも3安打されるまで引っ張った。精神的なショックを受け、手投げになっていることに、気付かないのかね。

 そもそも、バリオスが1点取られたくらいで、慌ててエスコバーを投入するかな。得点差といい、登板機といい、エスコバーの持ち場ではなかった。本人のモチベーションにも影響するよ。

 それ以前に、四回1死三塁で石田から今永にスイッチしようとしたとき、迷っているうちに、マウンドへ行っていた三浦コーチが、ラインをまたいで戻ってきて、交代が認められなかった。躊躇(ちゅうちょ)する場面ではない。そのための今永配転じゃないか。あそこで石田が打たれた犠飛も、実は効いたよね。

 それもこれも突き詰めれば、一回の攻撃。3点取ってなお無死一、二塁。西をKOし、守屋に代わると、伊藤光に普通に打たせて、右飛。送りバントで二、三塁とし、もう2点、少なくとも犠飛で1点、取りにいくべき。一気に試合を決めに行く姿勢を見せないから、最後に響くわけだ。

 他にも突っ込みどころは多々あれど、単刀直入に言うと、ベンチワークの失敗! (サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へCS日程へ