2019.10.5 19:30

阪神・近本、逆転つながる右前打「一番いい得点に貢献できた」

阪神・近本、逆転つながる右前打「一番いい得点に貢献できた」

1回、中安打を放つ阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 

1回、中安打を放つ阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、DeNA7-8阪神、阪神1勝、5日、横浜)阪神は近本が3安打2得点で1番打者の役割を果たした。5-7の八回、1点差に追い上げてなお2死一塁で右前打。さらに、この日2盗塁目の二盗を決め、北條の逆転の2点三塁打につなげた。「一番、いい得点に貢献できた」と充実した表情だった。

 左の剛腕エスコバーと対した八回は顔付近に来た3球目の154キロをのけぞってよけ、直後の低めの球を捉えた。レギュラーシーズンで159安打を積み重ねた新人は「(また内角に)来たら当たるぐらいの、それぐらいの気持ちで。しっかり踏み込めた」と度胸が据わっていた。

試合結果へCS日程へ

  • 5回、二盗に成功する阪神・近本=横浜スタジアム(撮影・水島啓輔)