2019.10.5 18:15

阪神・北條、福留のゲキに奮起「『決めたろ』と思って打席に入った」

阪神・北條、福留のゲキに奮起「『決めたろ』と思って打席に入った」

特集:
福留孝介
8回、2点適時三塁打を放つ阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 

8回、2点適時三塁打を放つ阪神・北條=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 (セ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦、DeNA7-8阪神、阪神1勝、5日、横浜)下剋上で日本一を目指す阪神は、最大6点差をひっくり返しDeNAに勝利。ファイナルステージ進出に王手をかけた。5打点の北條史也内野手(25)との一問一答は以下の通り。

 --試合を振り返って

 「疲れました。最高の疲れ」

 --5打点の活躍

 「僕が5打点することはなかなかない。本当にみんなのおかげ」

 --七回に3ラン

 「たまたま入った」

 --八回には勝ち越し打

 「打席に入る前に福留さんから、『きょうはおれの日じゃないから、おまえがいってこい』と言われた。『決めたろ』と思って打席に入った」

 --レギュラーシーズンから7連勝

 「いい雰囲気でやれている。あすも勝てるようにがんばる。あす決める気持ちで、全力でプレーしたい」