2019.10.5 05:00

ヤクルト、ドラフト1位候補に森下&奥川&佐々木が有力

ヤクルト、ドラフト1位候補に森下&奥川&佐々木が有力

特集:
2019ドラフト情報

 ヤクルトは4日、球団事務所でスカウト会議を開き、ドラフト指名候補を68人に絞り込んだ。順位付けはしなかったが、1位候補は明大・森下、星稜高・奥川、大船渡高・佐々木が有力。前日3日に斉藤スカウトが面談した佐々木について、橿渕スカウトグループデスクは「球界の宝。もし縁があった場合、彼なりのプランを立てなければいけない。全選手にいえるが、投手ガイドラインを微調整という形で合わせる」とした。 (北青山)

志望届提出者・高校志望届提出者・大学