2019.10.5 19:37

DeNA・エスコバー、誤算の5失点黒星「自分のキャリアで一番悪い結果」

DeNA・エスコバー、誤算の5失点黒星「自分のキャリアで一番悪い結果」

8回、降板するDeNA・エスコバー=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

8回、降板するDeNA・エスコバー=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 DeNAのエドウィン・エスコバー投手(27)が5日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの阪神1回戦(横浜スタジアム)の4番手で登板したが、1回1/3を5安打5失点で黒星を喫した。

 「自分のキャリアで一番悪い結果かもしれない。リードを守れなかったのは、自分の責任」

 大勝ムードの漂う7-1の七回、3番手・バリオスが代打・木浪に適時打を許し5点差とされ、なお1死一塁でマウンドに上がった。しかし、近本に内野安打で一、二塁とされ、北條に3ランを被弾。2点差に迫られた八回も続投すると、2死二塁から再び木浪に適時打を打たれ1点差。さらに近本に右前打を許し、一、三塁とピンチを広げて降板。代わった国吉が、北條に逆転の2点三塁打を浴びた。

 試合後、肩を落とした助っ人左腕は「明日はすぐにやってくる。切り替えて、フレッシュな気持ちで自分のできるベストを尽くしたい」と話した。

試合結果へCS日程へ