2019.10.5 14:53

DeNA・ラミ予言的中の筒香が3ラン「貴重な先制点」 いきなり5連打で西KO 

DeNA・ラミ予言的中の筒香が3ラン「貴重な先制点」 いきなり5連打で西KO 

特集:
筒香嘉智
1回、3点本塁打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 

1回、3点本塁打を放つDeNA・筒香=横浜スタジアム(撮影・長尾みなみ) 【拡大】

 セ・リーグ2位のDeNAは5日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ阪神戦(横浜)にのぞみ、立ち上がりから猛攻を見せた。

 一回に先頭の神里が阪神先発・西の初球、スライダーを右前打し出塁すると、ソトも左前打で続き無死一、二塁。好機で打席に立った3番・筒香は、しっかり下半身を残して変化球を捉え、右中間席前列に運ぶ3ランを放った。

 「低めの変化球に対して崩されることなく、うまく捉えることができました。貴重な先制点となりうれしいです」と筒香。この日の試合前、筒香の3番についてラミレス監督は「先制攻撃が大事になり。彼がキープレーヤーになるだろう」と話しており、まさに予言的中となった。

 初の本拠地開催に沸くハマスタが最高潮の盛り上がりを見せるなか、続くロペスも左前打。さらに宮崎の打球が西の左足付近を直撃する内野安打となり、先頭から5者連続安打。西はそのまま負傷交代し1死もとれずKO。マウンドには二番手・守屋が上がった。