2019.10.5 05:03(1/2ページ)

DeNA・筒香、初のCSハマスタ開催で「全力」虎退治再び!

DeNA・筒香、初のCSハマスタ開催で「全力」虎退治再び!

特集:
筒香嘉智
いよいよ勝負! 筒香がCS開幕を前に快音を響かせた

いよいよ勝負! 筒香がCS開幕を前に快音を響かせた【拡大】

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージは5日、セ・パ両リーグで開幕する。セ2位のDeNAは横浜市内のホテルで会見を行い、「4番・左翼」で出場する筒香嘉智外野手(27)が必勝宣言。アレックス・ラミレス監督(45)もキーマンに指名した。

 新たな球団史を刻むときがきた。初の本拠地でのCS開催に向け、主砲の筒香が必勝を誓った。

 「野球本来の楽しさ、その中にある真剣勝負を全員が感じられるか。まずはファーストステージ突破に向けてやっていきたい」

 ハマスタにほど近いホテルでラミレス監督らとともに前日会見で意気込みを述べると、すぐに球場へ移動。練習前のミーティングでは桑原らに一発芸を披露させるなど、明るいムードをつくった。フリー打撃では快音を響かせ、守備練習でも心地よい汗を流した。

 シーズン終盤に右手小指への死球の影響で出場選手登録から外れたが、もう不安はない。ラミレス監督も2番からソト、ロペス、筒香、宮崎の打順を明言。この日の会見では指揮官に「チームを引っ張る気持ちが強く、彼自身もその気持ちが強い」とキーマンに指名された。シーズン途中には2番に入ったこともある主砲だが、“指定席”の4番として、3位の阪神を迎え撃つ。

 今季の阪神戦は8勝16敗1分けを喫し、分が悪いが「レギュラーシーズンとCSは全然違う」と自信をのぞかせた。2017年も10勝14敗1分けと負け越していたが、CSファーストステージでは、敵地・甲子園で2勝1敗と勝ち越し、日本シリーズまで駆け上がった。筒香はこのカードで打率・357を残して貢献している。

 「ホームでできるのはこの上ない幸せ。ファンの方と一緒に勝利を喜び合えるように全力でいきたい」。横浜スタジアムを埋め尽くすファンへ、力強く突破を誓った。 (湯浅大)

【続きを読む】

  • 阪神との2017年CSファーストステージ第2戦で5回、投球を避けて転倒したDeNA・筒香嘉智=甲子園球場(撮影・森本幸一)
  • 左から岡村球団社長、筒香、ラミレス監督と株式会社ノジマの野島社長。初の本拠地開催を前に気勢を上げた(撮影・荒木孝雄)