2019.10.3 05:01

駒大・菅、攻守で躍動 十回に決勝打/東都

駒大・菅、攻守で躍動 十回に決勝打/東都

 東都大学野球秋季リーグ第4週第2日(2日、駒大4-3東洋大=延長十回タイブレーク、神宮)2回戦1試合が行われ、駒大が4-3で東洋大を下し、1勝1敗とした。2日連続のタイブレークとなった延長十回に3番・菅力也外野手(4年)が決勝の左前適時打を放ち、雪辱を果たした。

 2日連続のタイブレークとなった延長十回に菅が決勝の左前適時打。4年生外野手は、その裏の左翼守備で1死二、三塁からタッチアップで三塁を狙った二走を好送球で刺すなど、攻守に活躍した。「あそこで打たないと命が…。守備では三塁に投げるしかないと思った」と興奮気味に語った。

九回途中から登板し、リーグ戦初勝利を挙げた駒大・竹本いつかは勝てると思っていたが、(菅)力也さんが1点取ってくれた結果。チームが勝つために明日(3回戦)も投げたい」

試合結果へ