2019.10.2 05:05(1/3ページ)

新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転

新・虎の穴計画!阪神2軍本拠地に尼崎・大物が候補、手狭な鳴尾浜から移転

現在の鳴尾浜球場はやや手狭。施設も老朽化している

現在の鳴尾浜球場はやや手狭。施設も老朽化している【拡大】

 新・虎の穴、浮上や! 阪神が2軍本拠地の移転先として、兵庫・尼崎市の大物(だいもつ)を有力候補としていることが1日、分かった。1994年から使用する西宮市鳴尾浜の「タイガース・デン」に代わる新施設建設は、虎の課題であり悲願。阪神本線と同なんば線の“合流地点”に位置する「小田南公園」をひとつの候補地としていることが判明した。夢プロジェクトの実現から、若手が躍動する常勝の虎になる。

 矢野虎の劇的Aクラス躍進と時を同じくして、壮大なプロジェクトが進行していた。夢と希望にあふれた新たな虎の穴の輪郭が、徐々に浮かび上がる。鳴尾浜に代わる2軍本拠地の移転先に、尼崎市の大物が浮上していることが分かった。

 前日9月30日にレギュラーシーズン全日程を終えた阪神は、6連勝フィニッシュの大逆転を成し遂げ、3位でクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。宿敵の王者巨人に再度挑戦できる道が見えてくる一方、2005年を最後に14年連続でリーグ優勝を逸した事実は、重たく残った。

【続きを読む】

  • 候補に挙がっている小田南公園。立派な球場がある
  • 候補に挙がっている小田南公園。立派な球場がある
  • 鳴尾浜球場外観
  • 選手寮「虎風荘」
  • ソフトバンクは2016年、福岡・筑後市に「HAWKSベースボールパーク筑後」を開設
  • オリックスは2017年に神戸から大阪・此花区にある舞洲に合宿所やトレーニング施設を移転
  • 甲子園球場、阪神鳴尾浜球場、小田南公園の位置