2019.10.1 13:56

駒大、守備妨害で勝機逃す ナインは意気消沈/東都

駒大、守備妨害で勝機逃す ナインは意気消沈/東都

 東都大学野球リーグ第4週第1日は1日、神宮球場で1回戦1試合が行われ、東洋大が駒大に延長十回、タイブレークの末に3-2で競り勝った。

 駒大はサヨナラ勝ちの好機を守備妨害でふいにした。2-3の延長十回1死満塁で若林の打球が二塁手の頭上を越えて走者2人が生還したかに見えたが、一塁走者が守備機会のあった二塁手と接触していた。得点は入らず、2死満塁で再開されて後続が打ち取られた。

 駒大ナインは一度はベンチから飛び出して喜んだだけに意気消沈。大倉監督は「仕方ない」と冷静に受け止め、東洋大の杉本監督は「どういう形でもいい粘りが出た」とほっとした様子だった。