2019.10.1 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】CS信じて最後は戦ってきた

【矢野監督 必死のパッチトーク】

CS信じて最後は戦ってきた

5回 暴投で上本が生還し、喜ぶ阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・村本聡)

5回 暴投で上本が生還し、喜ぶ阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・村本聡)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-0中日、25回戦、中日14勝10敗1分、30日、甲子園)

 --CSが決まった

 矢野監督「いろんな感情が入って、ひと言では言い表せない。信じて最後は戦ってきた」

 --連勝の要因は

 「俺は気持ちだと思う。優勝がもうかすみけたときにも、野球をやれる幸せっていうかね。また(引退した)横田のことも目の当たりにして、みんなも…。プロとして勝たなあかんけど、その前に戦う姿勢と諦めない姿勢は、俺らがやれること。みんなの気持ちのつながりが勝因かなと」

 --シーズンで貯金1

 「失策の数も多かったし得点もなかなか取れなかった。思うようにいくシーズンじゃなかったけど。ウチは現状まだ強いチームと言えない。だからこそ粘りっこく。内面が大事になると思う。最後にこういう戦いができて、チーム全体として大きく成長できる部分があるんじゃないかな」

試合結果へ