2019.9.30 05:01

早大が初勝利!加藤、今季初安打「打ててよかった」/東京六大学

早大が初勝利!加藤、今季初安打「打ててよかった」/東京六大学

 東京六大学野球秋季リーグ第3週第2日(29日、神宮)2回戦2試合が行われ、慶大が立大を2-0で下し、2連勝で勝ち点を2に伸ばした。早大は五回に4番・加藤雅樹外野手(4年)が先制打を放つなど、明大を6-2で破り、開幕から4戦目で初勝利を挙げた。

 早大は五回2死満塁で加藤が放った中前適時打を中堅手が捕球できずにフェンス前まで転がり(記録は失策)、打者走者も生還した。今季15打席目の初安打が、開幕4試合目でチーム初得点を生み、初白星にもつながった。責任を果たした4番打者は「(小宮山)監督から試合前に『お前と心中する』といわれ、突き刺さった。会心じゃないけど、打ててよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

今季初勝利に早大・小宮山監督「加藤外しも考えたが、10番(主将)なしで勝てても…と。もう一度(明大の)森下と対戦できる喜びをかみしめてやってほしい」

試合結果へ