2019.9.30 05:03(1/2ページ)

球団最年少!オリ・由伸、最優秀防御率タイトル獲った 最終戦で規定投球回到達

球団最年少!オリ・由伸、最優秀防御率タイトル獲った 最終戦で規定投球回到達

特集:
侍ジャパン
力投する山本。6回1失点で規定投球回に到達し、最優秀防御率を確定させた(撮影・村本聡)

力投する山本。6回1失点で規定投球回に到達し、最優秀防御率を確定させた(撮影・村本聡)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-1ソフトバンク、25回戦、ソフトバンク16勝7敗2分、29日、京セラ)パ・リーグは29日、オリックス-ソフトバンクの1試合が行われ、レギュラーシーズンの全日程を終えた。個人タイトルも確定。オリックス・山本由伸投手(21)は6回3安打1失点で規定投球回(143回)に到達して8勝目を挙げ、防御率1・95で最優秀防御率を確定させた。日本シリーズ進出を懸けて戦うクライマックスシリーズ(CS)は10月5日にパ、セともにファーストステージ(3試合制)が開幕し、パは2位ソフトバンクと3位楽天がヤフオクドームで対戦する。

 21歳の右腕が、球界のレジェンドたちに肩を並べた。オリックス・山本が今季の最終登板を6回1失点で締め、規定投球回(143回)に到達。防御率1・95の圧巻の数字で、球団最年少での最優秀防御率に輝いた。

 「一試合一試合、一人一人必死に投げた結果だと思います。とにかく全力でいった結果が、つながったと思います」

【続きを読む】

  • 力投する山本。6回1失点で規定投球回に到達し、最優秀防御率を確定させた(撮影・村本聡)
  • 3回のピンチを切り抜け、ガッツポーズするオリックス・山本=京セラドーム
  • 投球する先発のオリックス・山本=京セラドーム大阪(撮影・村本聡)
  • 記者会見でポーズをとる、最優秀防御率のオリックス・山本(左)と勝率1位の山岡=京セラドーム