2019.9.29 16:52

オリ・山本、規定投球回に到達 最優秀防御率受賞決定的

オリ・山本、規定投球回に到達 最優秀防御率受賞決定的

6回3安打1失点で8勝目を挙げたオリックス・山本。最優秀防御率が確定した=京セラドーム

6回3安打1失点で8勝目を挙げたオリックス・山本。最優秀防御率が確定した=京セラドーム【拡大】

 オリックス・山本由伸投手が29日、今季最終戦のソフトバンク戦(京セラ)に先発。6回まで1失点と好投し、シーズンの規定投球回数(143回)に到達した。六回表終了時で防御率は1・95とし、自身初タイトルとなる最優秀防御率賞受賞をほぼ手中におさめた。

 同賞受賞となれば、球団では2014年の金子(1・98、現日本ハム)以来。高卒3年目までに限れば、2015年の大谷(2・24、当時日本ハム、現エンゼルス)以来で、21歳シーズンでの受賞は、前身の阪急時代を含めても球団最年少記録となる。

  • 3回のピンチを切り抜け、ガッツポーズするオリックス・山本=京セラドーム