2019.9.28 05:05(3/3ページ)

矢野阪神に“神風”吹いた!広島敗戦で自力CS復活、残り3戦全勝あるのみ

矢野阪神に“神風”吹いた!広島敗戦で自力CS復活、残り3戦全勝あるのみ

キャッチボールする阪神・藤川=甲子園球場(撮影・門井聡)

キャッチボールする阪神・藤川=甲子園球場(撮影・門井聡)【拡大】

 「その結果、もちろん勝たなあかん」

 奇跡の連鎖を起こすべく、矢野監督が人事を尽くす。最後にセ界を面白くするのは猛虎だ。 (大石豊佳)

★阪神、2015年の“神風”

 3位阪神が70勝71敗2分け(勝率・4964)で全日程を終え、4位広島は69勝70敗3分けで10月7日の中日との最終戦(マツダ)へ。広島は勝てば逆転3位だったが、0-3の完封負け。先発の前田(現ドジャース)が7回無失点も、八回から登板した大瀬良が3失点。阪神は借金1でCS進出。巨人とのファーストステージ(東京ドーム)に1勝2敗で敗れ、和田監督が退任、金本新監督が誕生した。

データBOX

 ◎…3位広島が中日に敗れ、70勝70敗3分け(勝率・500)でレギュラーシーズンを終了。4位阪神は残り3試合を全勝すれば、69勝68敗6分け(・504)で上回る。2勝1分けでも勝率5割で並ぶが、同率の場合、セ・リーグのレギュレーションは(1)勝利数の多さ(2)当該球団間の対戦勝率が高い順(3)前年度順位の上位-の順で決定するため、阪神は上回れない(パは(1)が当該球団間の対戦勝率が高い順)
 ◎…阪神は今季、DeNAに15勝8敗1分け。横浜スタジアムでは7勝4敗、チーム打率・261、防御率3・20と、今季のチーム打率・250、防御率3・51をともに上回っている
 ◎…中日には8勝14敗1分けと大きく負け越し。甲子園での中日戦も4勝6敗

  • 甲子園のベンチで、笑顔で報道陣に対応する矢野監督。自慢の投手陣で奇跡のCS切符をつかむ!(撮影・二星昭子)
  • 甲子園でキャッチボールを行う藤川
  • 平野コーチ(左)、筒井コーチ(右)と話す阪神・矢野監督(中央)=甲子園球場(撮影・門井聡)
  • キャッチボールする阪神・ジョンソン=甲子園球場(撮影・門井聡)