2019.9.28 14:59

北別府氏「怒りが頂点に…」広島最終戦判定に不満も、赤松の勇姿に感動

北別府氏「怒りが頂点に…」広島最終戦判定に不満も、赤松の勇姿に感動

北別府学氏

北別府学氏【拡大】

 元広島投手の北別府学氏(62)が27日、「怒りも沸点に達した」と題してブログを更新。同日、広島が黒星を喫した中日25回戦(マツダ)に言及した。

 広島は、勝てばCS進出が決まった大事な最終戦に1-4で敗れ、まさかの自力CSが消滅。CS進出には4位・阪神の敗北を祈るしかない状況となった。

 また、この日は赤松の引退試合。九回守備から3年ぶりの1軍出場を果たしたが、打席に送り出すことはできなかった。

 北別府氏は「ベンチには大勢の先発陣も控えていた」と切り出し、「6回までのジョンソンの投球は1失点 防御率のタイトルも取れると確信した6回までは うーん、7回頭から投手交代していたら…」と指摘。

 また、3点を追う八回2死走者なしで、中日4番手・福に対して見逃し三振に倒れた松山の打席に触れ、「8回の攻撃で松山が3振した球!!!あれがストライクかい?!」と判定に不満。「松山も塁に出て赤松に代走してもらいたかった事だろうと 怒りが頂点に達しそうでした」とつづった。

 それでも、九回の守備に就いた赤松の姿には「胸が熱くなりました」とし、最後に「ついついね、投手の立場で発言してしまいます 最終ゲーム監督の挨拶は立派でした!!そして赤松の言葉に泣けた 最後の顔、清々しかった!!」と付け加えた。

試合結果へ

  • 9回、センターの守備についた広島・赤松=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)
  • 引退セレモニーで胴上げされる広島・赤松=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)