2019.9.26 05:04(1/2ページ)

阪神ドラフト隠し玉!「和製・林昌勇」BCL武蔵・松岡をリストアップ

阪神ドラフト隠し玉!「和製・林昌勇」BCL武蔵・松岡をリストアップ

オリックス戦に登板し、149キロを計測した松岡。虎が熱視線を送っていることが判明した(撮影・林俊志)

オリックス戦に登板し、149キロを計測した松岡。虎が熱視線を送っていることが判明した(撮影・林俊志)【拡大】

 隠し玉は和製・林昌勇! 10月17日に行われるドラフト会議に向け、阪神がBCL武蔵・松岡洸希投手(19)をリストアップしていることが25日、分かった。ヤクルトで128セーブ、日韓通算386Sをあげた林昌勇(イム・チャンヨン)そっくりの最速149キロサイドスロー右腕。投手陣をさらに強化すべく、好素材を逃さない!

 “虎の恋人”が埼玉にいた。元ヤクルトの守護神、林昌勇のようなサイドスローに熱視線を送っていた。BCL武蔵の松岡をリストに入れていることが判明。この日、開催したスカウト会議で改めて好素材を確認した。

 球界関係者が「阪神がどの球団よりも早く調査書を出した、と聞いています」と明かした。

 松岡は高卒1年目の19歳。埼玉・桶川西高で甲子園の経験はなく、投手に本格的に転向したのは高3の春だった。BCLでは今季32試合に登板し0勝2敗、防御率3・58だが、サイドスローに転向して、まだ1年目。フォームを改造した春先は制球難に苦しんだが、それも徐々に解消した。19日にはBCL選抜として巨人3軍戦に登板し、三者凡退。伸びしろ十分。そこに虎が目をつけた。

 松岡は肘を痛めたことが転機となり、林昌勇を参考にしてフォームを改造。NPB5年間で128セーブをあげた元燕の守護神のようにサイドから投げ込む直球は破壊力十分で奪三振率10・24も魅力。この日、BCL選抜の一員としてオリックス2軍戦(オセアンBS)に登板し、自己最速を更新する149キロを計測したように強心臓だ。

【続きを読む】

  • 林昌勇