2019.9.26 05:06(1/3ページ)

西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ

西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ

特集:
侍ジャパン
最多安打3度、ゴールデングラブ賞は5度受賞した秋山がついにメジャー挑戦を決断した

最多安打3度、ゴールデングラブ賞は5度受賞した秋山がついにメジャー挑戦を決断した【拡大】

 西武・秋山翔吾外野手(31)が今オフに海外フリーエージェント(FA)権を行使して、米大リーグ挑戦を決断したことが25日、明らかになった。今季が3年契約の最終年で8月に海外FA権を取得していた。2015年にはシーズン216安打のプロ野球新記録を樹立し、今季も主将としてチームを2年連続のリーグ優勝に導いた天才打者が、新たなステージにチャレンジする。

 最大8・5ゲーム差をひっくり返した大逆転のリーグ連覇から一夜明け、去就が注目される秋山の動向が明らかになった。複数の球界関係者の話を総合すると、希代の安打製造機がメジャーリーグへ挑戦する決断を下した。

 国際大会の経験が、世界の舞台への思いを抱かせた。2015年にプロ野球新記録となるシーズン216安打をマークし、同年オフにプレミア12、17年には第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場。昨年11月に行われた日米野球では6試合で打率・350、7打点をマークし「いろいろな投手と対戦できて楽しかった」と憧れは日に日に強くなった。

 今年8月20日には出場選手登録日数が9年に達し、海外FA権を取得。日本球界を代表する好打者に成長した秋山には、メジャーのスカウト陣も注目し、今季のメットライフドームのバックネット裏には何度も視察に訪れる姿が見られた。

【続きを読む】

  • 秋山翔吾の年度別打撃成績
  • 西武から米球界に挑戦した選手