2019.9.23 16:03

ロッテが福浦引退試合で三回までに5点の猛攻 大地「福浦さんのため、千葉のために」

ロッテが福浦引退試合で三回までに5点の猛攻 大地「福浦さんのため、千葉のために」

1回、第1打席は遊ゴロに倒れたロッテ・福浦=ZOZOマリンスタジアム(撮影・尾崎修二)

1回、第1打席は遊ゴロに倒れたロッテ・福浦=ZOZOマリンスタジアム(撮影・尾崎修二)【拡大】

 ロッテの福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)が23日、現役最後の試合となる日本ハム25回戦(ZOZOマリン)に「7番・DH」で先発出場した。

 3年ぶりのクライマックスシリーズ進出を争うシーズン終盤の重要な一戦。今季1軍出場なしのレジェンドをスタメンで起用した井口監督は試合前に「福浦が入ることで、またチームが1つになる」と話していたが、その言葉通りにチームは一丸となった。

 一回から先頭の荻野が中前打で出塁。続く鈴木の左翼への飛球が風に乗って左翼手・近藤の頭上を越える適時二塁打となり、1点を先制した。選手会長の鈴木は試合前に「きょうは絶対に勝ちます。福浦さんのため、千葉のために」と力強く誓っていた。

 さらに無死一、二塁から井上、清田の連続適時打で一回に3得点。二回は再び井上の適時打、三回も暴投で1点ずつを加え、三回までに5-0とした。

試合結果へ