2019.9.22 21:44

阪神・鳥谷、退団発表後初のお立ち台「懐かしい感じ」

阪神・鳥谷、退団発表後初のお立ち台「懐かしい感じ」

5回、ナインとタッチを交わす阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

5回、ナインとタッチを交わす阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 阪神・鳥谷敬内野手(38)が22日、DeNA戦(甲子園)の五回1死一、二塁で代打として登場。バリオスの2球目、真ん中に入った144キロをとらえ、左前へ先制打を放った。

 試合後は今季限りでの退団発表後、初のお立ち台へ。大歓声を受け、「なかなか(お立ち台に)立つ機会がなかったので、懐かしい感じがしますね。本当にたくさんのファンの方が最後まで残ってくれて、うれしい限りです」と感謝した。

 「(代打で)名前をコールされたとき、声援を感じていましたし、(その)声援に後押しされて、いいヒットを打てたと思います」

 残り4試合、CS進出の可能性を残しているだけに「4試合、自分たちができることは全部勝つこと。選手全員でがんばっていきます」と力を込めた。

試合結果へ

  • お立ち台でファンに手を振る阪神・鳥谷(右)と梅野=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  • お立ち台でポーズをとる阪神・梅野(左)と鳥谷=甲子園球場(撮影・水島啓輔)