2019.9.22 19:50

ソフトB・森、初の回またぎも「全然気にしていない」

ソフトB・森、初の回またぎも「全然気にしていない」

8回、2アウトから登板したソフトバンク・森=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)

8回、2アウトから登板したソフトバンク・森=京セラドーム大阪(撮影・林俊志)【拡大】

 (パ・リーグ、オリックス5-6ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝6敗1分、22日、京セラ)ソフトバンクの森が1点リードの八回2死三塁から登板し、無安打に抑えて35セーブ目を挙げた。八回は前の打席で2点二塁打を放っていた宗を遊ゴロに仕留め、九回は走者を出しながらも締めた。今季初の回またぎだったが「全然気にしていない」と涼しい顔で、「僕の記録なんてどうでもいい。チームがしっかり勝てるようにマウンドに上がる」と気合十分に言った。

 早めの継投で逃げ切った工藤監督は「本当に落ち着いて、彼の持てるものを全て出し切って抑えてくれた。改めて最敬礼したい」と頼もしい守護神をたたえた。

試合結果へ