2019.9.22 21:33

【試合結果】ヤクルトが降雨コールド勝ち、阪神・鳥谷V打/22日のプロ野球

【試合結果】

ヤクルトが降雨コールド勝ち、阪神・鳥谷V打/22日のプロ野球

 プロ野球は22日、セ・パ両リーグで5試合が行われた。


(セ・リーグ、ヤクルト10-3巨人=七回裏2死降雨コールド、23回戦、巨人13勝10敗、22日、神宮)

引退セレモニーで雨の中ベースランニングしてホームにヘッドスライディングをするヤクルト・三輪=神宮球場(撮影・今野顕)

 七回裏2死降雨コールドゲーム。ヤクルトは1-2の三回に青木の適時打と広岡の10号3ランで逆転し、七回には松本直のプロ初本塁打の2ランで差を広げた。石川が5回3失点で8勝目。主力が休養した巨人は投打に精彩を欠いた。


(セ・リーグ、阪神3-0DeNA、24回戦、阪神15勝8敗1分、22日、甲子園)

お立ち台でファンに手を振る阪神・鳥谷(右)と梅野=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

 阪神が7投手による無失点リレーで勝った。四回2死から能見を投入し、五回を抑えたガルシアが4勝目で、藤川は15セーブ目。五回に代打鳥谷の適時打と近本の犠飛で2点を先取し、六回は梅野が適時打。DeNAは振るわず3連敗。

試合結果へ


(パ・リーグ、楽天7-5西武、23回戦、楽天13勝10敗、22日、楽天生命)

 楽天が3年ぶりの西武戦勝ち越しを決めた。2-2の三回に銀次の犠飛で勝ち越し、五回に浅村の31号2ラン、七回に浅村の適時二塁打、銀次の適時打で加点した。石橋は八回途中5失点で8勝目。西武は榎田が5回5失点と崩れた。

試合結果へ


(パ・リーグ、オリックス5-6ソフトバンク、22回戦、ソフトバンク15勝6敗1分、22日、京セラ)

 ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。4-2の七回にグラシアルの27号2ランで加点した。五回から継投でしのぎ、森が35セーブ目を挙げた。オリックスは七回に1点差としたが及ばなかった。

試合結果へ


(パ・リーグ、ロッテ4-0日本ハム、24回戦、ロッテ13勝11敗、22日、ゾゾマリン)

 ロッテが連敗を3で止め、6年ぶりに日本ハム戦に勝ち越した。一回に角中の適時打などで2点を先制し、二回にマーティンの2点打で加点。種市は8回無失点で8勝目。日本ハムは吉田輝が1回0/3で3失点と崩れ5位以下が確定した。

試合結果へ


(セ・リーグ、広島-中日=台風接近のため中止、22日、マツダ)

台風接近のため、試合と引退セレモニーが順延 菊池涼(左)とキャッチボールをした広島・赤松=マツダスタジアム(撮影・加藤孝規)