2019.9.19 05:04(1/3ページ)

阪神・近本、長嶋のセ新人最多安打153に並んだ!「僕らしいヒット」

阪神・近本、長嶋のセ新人最多安打153に並んだ!「僕らしいヒット」

八回に一塁内野安打を放つ近本。らしさ満開の一打で歴史に名を刻んだ(撮影・河田一成)

八回に一塁内野安打を放つ近本。らしさ満開の一打で歴史に名を刻んだ(撮影・河田一成)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3-2ヤクルト、24回戦、阪神14勝8敗2分、18日、甲子園)ミスターに並んだ! 阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)=大阪ガス=が18日、ヤクルト戦(甲子園)で3安打を放ち、今季153安打をマーク。長嶋茂雄(巨人)が1958年に樹立した新人最多安打のセ・リーグ記録に並んだ。チームも3-2で勝利し、2連勝で3位広島に3ゲーム差。歴史的なルーキーのバットで、奇跡を起こす!!

 近本らしくトップスピードで黒土を駆けた。一塁塁審の両手が広がり、「H」のランプが灯る。甲子園は万雷の拍手だ。歴史に名を刻む153安打目。頂から見える景色にホッと頬が緩んだ。

 「本当に僕らしいヒットやなと。(記録のすごさは)よく分からないです(笑)」

 八回2死の第5打席、左腕・坂本の変化球を一、二塁間へ。ベースカバーの坂本を追い越し、内野安打を勝ち取った。3月29日の開幕ヤクルト戦(京セラ)での三塁打に始まり、積み上げた153度の快音。61年という時を経て、1958年に長嶋茂雄(巨人、当時はシーズン130試合)が作ったセ・リーグ記録に、ついに並んだ。

 「正直、長嶋さんについてプレーも監督のときも(見たことがなくて)分からないんですが…。全然思ってもいなかったようなことが起こっているので。恐縮です」

【続きを読む】

  • ベースカバーの坂本(右、中は村上)より速く、一塁を駆け抜けた
  • ミスタープロ野球、長嶋茂雄
  • 勝利のハイタッチを交わす阪神・近本(中央)=甲子園球場(撮影・河田一成)
  • 7回、安打を放つ阪神・近本=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)
  • 新人の安打数10傑
  • 1回、安打を放つ阪神・近本=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 4回、ヤクルト・奥村の打球を好捕し二塁封殺にする阪神・木浪=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 7回、同点タイムリーを放つ阪神・高山=甲子園球場(撮影・河田一成)
  • 投球する阪神・島本=甲子園球場(撮影・岡田茂)
  • 投球する阪神・岩崎=甲子園球場(撮影・河田一成)
  • 投球する阪神・ドリス=甲子園球場(撮影・河田一成)
  • 投球する阪神・藤川=甲子園球場(撮影・河田一成)