2019.9.19 05:01

阪神・揚塩社長、ポスト用意も「何らかの形で」

阪神・揚塩社長、ポスト用意も「何らかの形で」

揚塩健治球団社長から花束を受け取る阪神・メッセンジャー=兵庫県西宮市(撮影・宮沢宗士郎)

揚塩健治球団社長から花束を受け取る阪神・メッセンジャー=兵庫県西宮市(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(38)が18日、西宮市内のホテルで引退会見を行った。

 メッセンジャーに花束を渡した阪神・揚塩球団社長は「本当に感謝しています」と労をねぎらった。球団史に残る助っ人との今後の関わりについては「何らかの形で球団にまたサポート、支援してもらえる形があればありがたいと思っています」とポストを用意する考えがあることを明かしたが、現在は未定。またウィリアムスから継がれた背番号54について「そういう(功績ある)外国人選手のイメージはあると思う。そこは配慮したい」とふさわしい選手が現れるまで空き番とすることも示唆した。