2019.9.19 05:02

ダル、球団新の8者連続K!7回4失点も13K

ダル、球団新の8者連続K!7回4失点も13K

特集:
ダルビッシュ有
レッズ戦に先発し、7回4失点だったカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)

レッズ戦に先発し、7回4失点だったカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)【拡大】

 カブス2ー4レッズ(17日、シカゴ)米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(33)はレッズ戦で今季30試合目の先発。8者連続など13三振を奪った。しかし7回を6安打4失点で7敗目(6勝)。チームは2-4で敗れ、連勝は5で止まった。

 ダルビッシュは新球のナックルカーブなどを操り、二回は2三振などで三者凡退とすると、四回まで8者連続奪三振。カブスではケリー・ウッドが1998年5月6日のアストロズ戦でマークした7者連続を上回る球団新記録だ。14三振を奪った前回登板に続く、2試合連続の2桁奪三振。2先発での計27奪三振は、1900年以降のカ軍の投手では最多となった。

 だが一回の3失点などが響き、敗戦。ナ・リーグ中地区で首位カージナルスを2ゲーム差で追っている中で負け投手になり、右腕は「勝ちたかった。誰がどういう結果であれ(チームが)勝てばいい」と悔しがった。(共同ほか)

データBOX

 〔1〕ダルビッシュの1試合での8者連続奪三振はカブスでは球団新記録。メジャー記録はトム・シーバー(メッツ)が1970年4月22日のパドレス戦で奪った10者連続。近年ではダグ・フィスター(タイガース)が2012年9月27日のロイヤルズ戦で9者連続奪三振を記録している。
 〔2〕プロ野球記録は9者連続で、57年7月23日の梶本隆夫(阪急、対南海)、58年5月31日の土橋正幸(東映、対西鉄)がマークしている。

試合結果へダルの成績へ

  • レッズ戦の1回、アキーノに2ランを浴びたカブスのダルビッシュ=シカゴ(共同)