2019.9.17 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】やっぱりもっと点取らないとダメ

【矢野監督 必死のパッチトーク】

やっぱりもっと点取らないとダメ

 (セ・リーグ、巨人1-2阪神、24回戦、巨人15勝9敗、16日、東京D)

 (TVインタビュー)

 --久々にスタメンマスクの坂本が好リード

 矢野監督 「インサイドワークは落ち着いたキャッチャー。誠志郎(坂本)らしく、しっかりやってくれたと思います」

 --東京ドームでの今季ラストゲームだった

 「ファンを喜ばしたいということでスタートして、そういう試合は多くできなかったかもしれないですけど、まだまだ先を見てやっていくことしかできない。しっかり取り返せるように頑張っていきます」

 (囲み取材)

 --継投のタイミングが難しかった

 「あそこ(六回)で(走者を)出したら(リリーフが)行くというのは決めていたんで」

 --ガルシアにようやく勝ちがついた

 「ボール自体は良くなってきたのかなと思うけど、あのピッチングでは苦しい。きょうは勝てたけど、これからどうかは、ちょっと分からない。先頭打者のフォアボールとか、そういうのは勝ちが付きにくい。そういうのは課題は残ると思う」

 --きのう(15日)、優勝を逃して、次の日にこうして勝てたのは大きい

 「うん、いやまあ、うちの勝ちはこういう勝ちなんだけど。やっぱり成長していくためには、やっぱりもっともっと点取らないとダメだと思うし。そこは残りの試合でも、ちょっとでも良い方向に持っていけるように、僕らも全力尽くして戦っていきます」

試合結果へ