2019.9.14 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】阪神・西、投球術も姿勢も「お手本」 ポスト・メッセ証明の内容

【上田二朗 サブマリン斬り】

阪神・西、投球術も姿勢も「お手本」 ポスト・メッセ証明の内容

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
先発の阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

先発の阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-7阪神、22回戦、中日13勝8敗1分、13日、ナゴヤD)ポスト・メッセンジャーが西であることを証明した。球数も100球を超え、一番苦しかった六回2死満塁。打ち気の阿部にスライダーを2球連続で低めに投じ、中飛に仕留めた。投球とは球速ではなく、制球力と駆け引きで勝負するもの。シーズンを通して自分のスタイルを貫き、常に試合を作ったことは高く評価できる。四回の犠打も、やるべきことをきっちりとする姿勢がみえた。

 投球術だけではなく、マウンドでの落ち着いた様子をみても、来季の先発ローテは西が大黒柱になるべきだろう。打線の援護さえあれば2桁勝てる。あとは藤浪、高橋遥、才木、浜地ら中堅および若手の投手がいかに力任せの投球から脱却し、追随できるか、だ。

 そのための一番の近道は西をお手本にすること。直接聞くのもよし、映像をみて学ぶのもよし。要するに「西から盗め」というわけだ。

 背番号「16」もいい。私がつけたことは余談だが(笑)、最近では岡田彰布、安藤優也とのちに柱になる選手が多い。来季は西を中心としたメンバーで、より強い投手陣を築いてほしい。(サンケイスポーツ専属評論家)

試合結果へ