2019.9.14 06:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】メッセの気持ち尊重するしかない

【矢野監督 必死のパッチトーク】

メッセの気持ち尊重するしかない

4回、梅野の適時打に手を挙げる阪神・矢野監督=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)

4回、梅野の適時打に手を挙げる阪神・矢野監督=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-7阪神、22回戦、中日13勝8敗1分、13日、ナゴヤD)

 --福留が大きな一撃

 矢野監督 「流れが一気にこっちに来るような打撃になった。西と2人がきょうのゲームを作ってくれたかな」

 --西は投打で奮闘

 「テンポもよくて、西らしく粘り強く投げてくれた。この前(の登板)も(高橋)遥人の後で、きょうも遥人の後で。西が流れを止めてくれて、大きいピッチングだったと思います。バッティングもね」

 --高山は状態が目に見えてよくなっている

 「やっぱり気持ちが、いろいろな部分が変わったと思う。この前も練習試合だけど、自分でファームの試合に出に行くとかね。すごく貪欲に、自分の一番いいパフォーマンス出すためにはどうするべきか、どうしたいかとかそういうところが、すごく変わったと思う」

 --メッセンジャーが引退を発表。第一報を受けて感じたことは

 「何回か話はしてるから、びっくりっていうのは…そういう判断って結局は本人のことだし。俺らがどうこういうことじゃないし。もちろん力にね、ランディ自身もなりたい、こっちもなってほしいっていう思いはあるけど、それは(本人の)気持ちを尊重するしかないし」

試合結果へ

  • 阪神・メッセンジャーの日米通算年度別成績
  • 外国人投手通算勝利数上位