2019.9.13 20:47

阪神・西は7回1失点の好投 8勝目の権利

阪神・西は7回1失点の好投 8勝目の権利

先発の阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)

先発の阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神の西勇輝投手(29)が13日の中日戦(ナゴヤドーム)で先発し、7回5安打1失点の好投。8勝目の権利を持ったまま降板した。

 四回を終えて1安打。五回には無死から高橋、阿部に連打で失点を許すも、なお無死二塁のピンチからは追加点を許さず。六回には2安打と死球で2死満塁のピンチを迎えるも、阿部を中飛に仕留めて切り抜けた。

 試合前の時点で、ナゴヤドームではオリックス時代を含め通算4試合に登板し、0勝3敗、防御率3・96。11年目で初めてナゴヤドームでの勝利投手の権利を手にして、ベンチで戦いを見届けた。

試合結果へ