2019.9.13 19:50

阪神が西の適時二塁打で追加点

阪神が西の適時二塁打で追加点

6回、適時二塁打を放つ阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)

6回、適時二塁打を放つ阪神・西=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)【拡大】

 中日-阪神戦(ナゴヤドーム)が13日行われ、阪神が六回に追加点を挙げた。西勇輝投手(29)が適時二塁打を放ち、今季4打点目。8勝目の権利とともに、試合を作り上げた。

 4点リードの六回。2死から梅野が四球を選ぶと、すかさず二盗。2死二塁とすると、西は145キロ直球をフルスイング。右越えの適時打でリードを5点に広げた。

 本職のピッチングでは四回まで1安打無失点。五回に高橋、阿部に連打を浴び失点するも、無死二塁からは踏ん張り追加点を許さなかった。

試合結果へ