2019.9.13 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】やられたらやり返さないとあかん

【矢野監督 必死のパッチトーク】

やられたらやり返さないとあかん

5回を終え選手交代を告げる阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)

5回を終え選手交代を告げる阪神・矢野監督=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神2-12ヤクルト、23回戦、阪神13勝8敗2分、12日、甲子園)

 --高橋遥は次回までに修正してほしい

 矢野監督「それはもう、次にすぐクリアできるに越したことはないけど。自分の中でも、もちろん自分だけでも投げるわけじゃないから。キャッチャーにも助けてもらいながらという部分も含めてね。自分で、プロだからやられたらやり返さないとあかんし。結果も出さないとあかんけど。その中で自分で『あ、こうやっていけばいいかな』とか『もっとこういうことが必要かな』って。もちろん俺らもそういうことは伝えていくし。そうやっていくしかないね」

 --四回は最後まで投げ切らせたが、連戦の中でリリーフを温存する面と、あの回投げきってもらうという意図があったか

 「いや温存とは思ってないけど、ここまで来ているから、別に。でもすべてがいい経験になるし。今言ったようにまだ連戦が続く中で、投げさせにくいピッチャーがその前にも投げているのでね。すべてを含めてそうしました」

試合結果へ