2019.9.13 05:03(1/2ページ)

35歳・大引、ヤクルト退団…引退セレモニーの打診受けるも現役続行を希望

35歳・大引、ヤクルト退団…引退セレモニーの打診受けるも現役続行を希望

特集:
移籍・退団・引退
今季限りでヤクルトを退団する大引。他球団で現役続行を目指す

今季限りでヤクルトを退団する大引。他球団で現役続行を目指す【拡大】

 ヤクルト・大引啓次内野手(35)が今季限りでの退団を決断したことが12日、分かった。球団関係者が明かした。プロ13年目の今季は70試合で打率・202、1本塁打、13打点。球団からは功労者として引退セレモニーの打診を受けたが、現役続行への意志は固く、他球団でプレーする道を模索する。

 この日のイースタン・巨人戦(ジャイアンツ球場)に「4番・DH」で先発出場した大引が決断を下した。球団関係者によると、球団は大引を功労者として、引退セレモニーを検討。だが本人は現役続行の意志が固く、この日までに今季限りでの退団が決まった。

 「法政大野球部史上最高の主将」と呼ばれた大引は2007年、大学生・社会人ドラフト3巡目でオリックスに入団。1年目からレギュラー格として活躍し、13年に糸井(現阪神)らとの大型トレードで日本ハムに移籍した。15年にはヤクルトにFA移籍。勝負強い打撃と堅実な守備で課題だった遊撃手の穴を埋め、同年は14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。

【続きを読む】

  • 大引啓次の年度別打撃成績