2019.9.13 15:36

セ、パ両リーグともに観客増 1試合平均は阪神がトップ

セ、パ両リーグともに観客増 1試合平均は阪神がトップ

 セ、パ両リーグは13日、今季公式戦の第4クール終了時(12日)の入場者数と平均試合時間を発表した。総入場者数はセが1365万169人で昨年比4・0%増、パが1062万8610人で同2・3%増と、いずれも増加した。

 球団別の1試合平均入場者数は、阪神が4万2760人で12球団トップ。巨人が4万2356人で2位、ソフトバンクが3万6799人で3位。前年比では、観客席を増設したDeNAが12・5%増で1位。楽天が3・2%減で12球団で唯一マイナスとなった。

 平均試合時間はセが全試合(3時間19分)、9回試合(3時間14分)ともに昨季終了時と同じ。パは昨季終了時より全試合(3時間24分)が6分、9回試合(3時間18分)が5分長くなった。