2019.9.13 05:03(1/2ページ)

大谷18号!打球最速183キロ、同僚ロブレスのハチマキ効いた

大谷18号!打球最速183キロ、同僚ロブレスのハチマキ効いた

特集:
大谷翔平
五回にソロを放つ大谷。打った瞬間、本塁打を確信したような表情だ(AP)

五回にソロを放つ大谷。打った瞬間、本塁打を確信したような表情だ(AP)【拡大】

 エンゼルス3-4インディアンス(11日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(25)がインディアンス戦に「3番・DH」で出場し、1-4の五回に18号ソロを放ち、打点をメジャー自己最多の62とした。弾丸ライナーで右翼席へ運んだ一発は、自己最速の打球速度183・4キロを計測。チームは3-4で敗れ、連敗が4に伸びた。

 低く、一直線に伸びた打球は突き刺さるように右翼席に届いた。1-4の五回、大谷が18号ソロ。打球速度は本塁打でメジャー自己最速となる183・4キロだった。

 「引っ張っているので速度が出るのは普通。ああいう打球もしっかり打てるようになれば、幅自体は広がるのかな」

 先発右腕・プルッコの1ストライクからの2球目、内角へのスライダーは頭になかったという。「いい時のスイングというのは、そういう突発的なものにしっかり対応できる」と瞬時に反応。チームは前日にプレーオフ進出の可能性が消滅し、空席が目立った本拠地のファンを敗戦の中でも喜ばせた。

【続きを読む】

  • インディアンス戦の5回、右越えに18号ソロを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の5回、18号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の5回、右越えに18号ソロを放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の5回、18号ソロを放ち本塁へ向かうエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の5回、18号本塁打を放ちコーチとタッチするエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の2回、右飛に倒れるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  • インディアンス戦の1回、空振り三振に倒れたエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)