2019.9.13 22:38

ロッテ、西武に負け越し 荻野、先発復帰も「連勝の流れを止めてしまいましたね」

ロッテ、西武に負け越し 荻野、先発復帰も「連勝の流れを止めてしまいましたね」

1回、安打を放つロッテ・荻野=メットライフドーム(撮影・中井誠)

1回、安打を放つロッテ・荻野=メットライフドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 (パ・リーグ、西武6-1ロッテ、21回戦、西武13勝7敗1分、13日、メットライフ)ロッテは連勝が3で止まり、西武戦3年連続の負け越しが決まった。今季メットライフドームでは1勝6敗。井口監督は「相手の先発を打ち崩せなかった。負けは負けなので切り替えてやっていきたい」と話した。

 1番打者の荻野は腰痛から先発で復帰した。一回に左前打で出塁したが、後続が続かず「(連勝の)流れを止めてしまいましたね」と苦笑いだった。

ボルシンガー(5回4失点で6敗目)「先制点を与えないようにと思っていたが。三回のビッグイニングが残念だ」

ロッテ・大村打撃コーチ(松本航を攻略できず)「なかなか振っていけなかった。カットボールやカーブが良く、緩急をつけられた」

試合結果へ

  • 8回、本塁打を放つロッテ・中村奨=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 1回、西武・中村に先制の適時二塁打を打たれたロッテ・ボルシンガー=メットライフドーム(撮影・中井誠)
  • 先発のロッテ・ボルシンガー=メットライフドーム(撮影・中井誠)