2019.9.13 18:32

ロッテ・荻野が復活アピール!! 1軍復いきなり安打&盗塁

ロッテ・荻野が復活アピール!! 1軍復いきなり安打&盗塁

1回、安打を放つロッテ・荻野=メットライフドーム(撮影・中井誠)

1回、安打を放つロッテ・荻野=メットライフドーム(撮影・中井誠)【拡大】

 ロッテの荻野貴司外野手(33)が14日、1軍に復帰し、西武21回戦(メットライフ)に「1番・中堅」で出場。一回の第1打席でいきなり復帰後初安打&初盗塁をマークした。

 不動の1番、荻野の名がコールされると右翼席のロッテファンからは大きな歓声が起こった。プレーボールとともに迎えた第1打席、2球目のカットボールを鮮やかにはじき返し、三遊間を鋭く破る左前打を放った。

 さらに、2死となり打者・井上の3球目に今季28盗塁目となる二盗にも成功。打って、走って、荻野が完全復活をアピールした。

 10年目の今季、すでに出場試合数、安打、打点、盗塁でいずれもキャリアハイをマーク。初の2桁本塁打も放ち、初めて規定打席にも到達し、監督推薦でオールスターにも出場した。度重なる故障に泣かされてきた荻野が、初のシーズン完走を期待されたが、2日に腰痛で出場選手登録を抹消された。

 「地面に崩れ落ちるほどの痛みだった」というが、静養と電気治療などを行い、しっかりと復活。11日の2軍戦では本塁打も放ち、最短で迎えた西武4連戦に帰ってきた。

 11日のお立ち台で“荻野愛”を叫んでいたマーティンも、尊敬する男の復帰に「オギノサーン!!」と大興奮。3年ぶりのクライマックスシリーズ進出へ、頼もしい男がチームに戻ってきた。

試合結果へ