2019.9.13 05:02

西武一日天下…平井が痛恨被弾、山川は千賀に脱帽「打ち返すの難しい」

西武一日天下…平井が痛恨被弾、山川は千賀に脱帽「打ち返すの難しい」

八回、グラシアルにソロを浴びた平井。ぼう然と打球を見つめるしかなかった (撮影・塩浦孝明)

八回、グラシアルにソロを浴びた平井。ぼう然と打球を見つめるしかなかった (撮影・塩浦孝明)【拡大】

 (パ・リーグ、西武2-3ソフトバンク、25回戦、ソフトバンク13勝12敗、12日、メットライフ)山川の力のない打球が中堅手・牧原のグラブに収まり、ゲームセット…。反撃もあと一歩及ばず、西武は一日で首位から陥落した。

 千賀の前に四回まで完全投球を許した。五回1死から栗山がチーム初安打となる右前打を放ったものの、七回まで散発3安打。千賀相手に3打数無安打だった山川は「分かっていても一つ一つの質が高いから打ち返すのは難しい」と完敗を認めた。

 0-0の八回から今季74試合目のマウンドに上がった平井はグラシアルに先制ソロを浴びるなど2失点。「いうことはないです…」と敗戦のショックを背負った。

 それでも辻監督は「大変な2日間だったけれど、選手は気持ちが入っていた。切り替えて目の前の相手に負けないようにやっていく。それが一番大事」。13日からは3位のロッテと本拠地で4連戦。逆転Vへ向け、必死に鷹に食らいつく。 (花里雄太)

試合結果へ

  • 8回ソフトバンク無死、グラシアル(奥)に先制本塁打を浴びた西武・平井=メットライフドーム
  • 9回、本塁打を放つ西武・中村(撮影・塩浦孝明)=メットライフドーム
  • 5回右安打を放つ西武・栗山(撮影・塩浦孝明)=メットライフドーム
  • 先発の西武・十亀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
  • 7回、攻撃を終え選手交代を告げる西武・辻監督(撮影・塩浦孝明)=メットライフドーム