2019.9.13 18:26

巨人、14日は「ブルペンデー」で沢村先発

巨人、14日は「ブルペンデー」で沢村先発

試合前の練習で笑顔を見せる巨人・沢村=東京ドーム(撮影・福島範和)

試合前の練習で笑顔を見せる巨人・沢村=東京ドーム(撮影・福島範和)【拡大】

 予告先発投手が13日、発表され、巨人-広島最終戦(14日、東京ドーム)は巨人が沢村拓一投手(31)、広島はクリス・ジョンソン投手(34)が先発する。

 巨人はこの日を「ブルペンデー」と位置付け、救援投手だけで試合終了までつなぐ予定。3月のオープン戦の時期にテストしたことはあったが、採用するのは今季初となる。沢村が先発するのは4月6日のDeNA戦(横浜)以来5カ月ぶりで、今季2度目。当時は先発投手としての登板だったが、5月以降は救援に専念している。

 7連戦中のローテーションの谷間に2軍からクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(25)や古川侑利投手(24)を昇格させるプランもあったが、首脳陣は新戦術の採用を決断。宮本和知投手総合コーチ(55)は「残り試合が少なくなってきた中で、投手陣は『やってやるぞ』と頑張ってくれている。きっと救援陣がやってくれるでしょう」と話した。