2019.9.12 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】鳥谷には「当たり前のすごさ感じる」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

鳥谷には「当たり前のすごさ感じる」

8回、適時2塁打を放つ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)

8回、適時2塁打を放つ阪神・鳥谷=甲子園球場(撮影・松永渉平)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神10-3ヤクルト、22回戦、阪神13勝7敗2分、11日、甲子園)

 --北條は先制打と犠打

 矢野監督 「つなぐところもよくやってくれました。守備もいいプレーがあったので、北條らしさが出たと思います」

 --マルテが久しぶりの本塁打

 「マルちゃんが打つとチームが盛り上がる。本塁打は大きなムードも上がる」

 --高山もアーチ

 「俊も貪欲に2軍の試合に行ったりとか、本当に自分が試合に出たいとか、結果を出したいとかいう思いが、ああいうホームランにつながっていると思う」

 --鳥谷が初打点

 「言うことはないですしね。ちょっと打撃フォームが若干変わったのかなというね。そういうところに鳥谷の探究心とかすごさとかそういうのがあるんじゃないですか」

 --走塁も光った

 「走るのもいつも試合に出ないときも、そういう準備というのは試合前からすごくやるのが当たり前になっている選手なんでね。当たり前のすごさを感じています」

試合結果へ