2019.9.12 22:21

西武、2番手平井がつかまる 役割果たせず「何も言うことはない」

西武、2番手平井がつかまる 役割果たせず「何も言うことはない」

8回ソフトバンク無死、グラシアル(奥)に先制本塁打を浴びた西武・平井=メットライフドーム

8回ソフトバンク無死、グラシアル(奥)に先制本塁打を浴びた西武・平井=メットライフドーム【拡大】

 (パ・リーグ、西武2-3ソフトバンク、25回戦、ソフトバンク13勝12敗、12日、メットライフ)両チーム無得点が続いた緊迫した試合で、西武は2番手の平井がつかまった。八回にマウンドに上がると、先頭打者のグラシアルに内角寄りの直球を左中間席に運ばれ、先制点を献上。さらにデスパイネ、柳田の連打で無死一、三塁とし、松田宣の犠飛で追加点を奪われた。

 これが今季74試合目の登板。救援陣の柱として奮闘してきたが、首位攻防の最終戦で役割を果たせず「何も言うことはない」と自らへの怒りをあらわにした。

試合結果へ