2019.9.12 20:53

巨人・高橋、五回途中3失点で降板…6勝目ならず「悔しい」

巨人・高橋、五回途中3失点で降板…6勝目ならず「悔しい」

5回 降板する先発の巨人・高橋=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

5回 降板する先発の巨人・高橋=横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(22)=八戸学院大=が12日、DeNA22回戦(横浜)に先発。4回1/3で71球を投げ、5安打3失点で降板した。

 「初回から全力で飛ばしていきました。先発投手として、最低でも5回を投げきれるようにならないといけないと思います。イニングの途中で降板となり、悔しいです」

 序盤から味方の援護があったが、なかなか波に乗りきれなかった。二回、ソトに40号ソロを被弾すると、その後失策なども絡み、2死満塁のピンチを招くも無失点。三回も四球などで1死一、二塁とされたが、ソトを遊ゴロ併殺打に打ち取った。

 だが、五回。先頭・大和に右前打とされると、続く中井にも左前打。乙坂の犠打で1死二、三塁とされたところで降板した。