2019.9.12 22:42

日本ハム・田中賢、最後の東京ドームで苦笑い「空回りした」

日本ハム・田中賢、最後の東京ドームで苦笑い「空回りした」

試合前、入団当時の監督だった大島康徳氏(左)から花束を受け取る、今季限りで引退する日本ハム・田中賢=東京ドーム

試合前、入団当時の監督だった大島康徳氏(左)から花束を受け取る、今季限りで引退する日本ハム・田中賢=東京ドーム【拡大】

 (パ・リーグ、日本ハム4-2楽天、25回戦、楽天13勝11敗1分、12日、東京D)今季限りでの現役引退を発表している日本ハムの田中賢は、2004年に札幌ドームに移転するまでの本拠地東京ドームでの最後のプレーとなった。指名打者でフル出場して4打数無安打に終わり「何とかいいところを見せたかったが、空回りした」と苦笑いした。

 この日は19年前に自身がプロ初出場を果たした思い出の日。試合前のセレモニーでは2000年の入団当時の監督だった大島康徳氏から花束を受け取り、涙をこらえる場面もあった。「東京ドームは僕を育ててくれた場所。ドームがなければ北海道に羽ばたけなかった」と感謝した。

試合結果へ