2019.9.11 05:01

阪神・木浪、悔しいマルチH

阪神・木浪、悔しいマルチH

4回、三塁打を放つ阪神・木浪=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)

4回、三塁打を放つ阪神・木浪=甲子園球場(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-5ヤクルト=延長十回、21回戦、阪神12勝7敗2分、10日、甲子園)D3位・木浪はマルチ安打でチャンスメークした。「1番として(塁に)出れたのはいいこと。継続していきたい」。一回に左前打で出塁すると、四回にも先頭でフェンス直撃の左翼線三塁打。スライディングの際に三塁手と交錯し、足を痛めて一時ベンチへと下がったが、すぐに戻ってプレーを再開。福留の犠飛で同点のホームを踏んだ。それでも2死二塁で迎えた八回に凡退し「チャンスで打てなかったのが反省です」と悔しさをにじませた。

試合結果へ