2019.9.11 05:01

阪神・鳥谷、退団表明後初聖地も快音なし

阪神・鳥谷、退団表明後初聖地も快音なし

特集:
移籍・退団・引退

 (セ・リーグ、阪神4-5ヤクルト=延長十回、21回戦、阪神12勝7敗2分、10日、甲子園)鳥谷は今季限りでの退団を表明後、初めて甲子園の打席に立ったが、快音を響かせることはできなかった。同点の五回2死一塁で打席に立つと、2番手・高梨の初球、外角高めの143キロを打ち上げて中飛に倒れた。「結果で応えたい気持ちはありました」。これで8月29日に球団から引退勧告を受けて以降、これで6打席に立ち、5打数無安打1四球。6試合安打が遠ざかっており、14試合を残して打点もいまだ「0」のままだ。

試合結果へ