2019.9.11 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】同じ“境遇”近本への心温まるプレゼント

【虎のソナタ】

同じ“境遇”近本への心温まるプレゼント

特集:
虎のソナタ
真夏のような甲子園で、汗を拭うガルシア。ホンマに暑かった

真夏のような甲子園で、汗を拭うガルシア。ホンマに暑かった【拡大】

 (セ・リーグ、阪神4-5ヤクルト=延長十回、21回戦、阪神12勝7敗2分、10日、甲子園)暑い! なんですかこのク×がつく炎熱地獄…誰が悪いんですか。

 「台風のせい…」

 そんなことおへんえ。台風銀座とはいえ、さすがに台風も怒って、あきれて嘆いてますヮ。「今更、阪神の拙守と貧打は見飽きたヮ」と。

 編集局はエアコンが効いてます。日本列島がほとんど猛暑日なのに、大阪・難波のサンケイビルは特にヒンヤリしてます。あ、これは何も、特にその部分だけ電気代をおしげもなくガンガンと…じゃないのです。

 「ちょっと…そこの方、まだ試合が始まったばかりやのに静かにしてもらえません…」

 振り向くと本日の編集総括(つまり編集の司令塔)の席でふくれっ面をしてたのが運動部長大澤謙一郎。あ、やっぱり…「やっぱりとはどういう意味ですか…」だと。どうも大澤が総括の時は阪神の勝率が悪いというサンスポ都市伝説は今夜もまた本当だった? 「え、何か…」いや何も言うてないョ。とにかく、空気銃打線じゃ心配やなぁ…てなギスギスした会話をしまして、前半でヤクルトは長打攻勢。四回まで二塁打が3、バレンティンの三回のホームランはドラコンのフルスイングみたいで、迫力が違った…。

 試合前に編集委員三木建次がこんな電話をくれた。

 「近本選手と少し話したんや。中日の大島洋平外野手が日本生命。阪神の近本選手が大阪ガス。共に左投げ左打ちの外野手なんョ。それもあって大島が近本にグラブをプレゼントしたんや。お互いに社会人出身で“頑張れョ”という思いがこもっとる。それで近本選手に大島選手の普段の心構えもちょっと話した。そやから今日は近本が活躍するかもしれんデ」

【続きを読む】