2019.9.11 05:02

侍U18、や~っと帰国 佐々木らに疲れた表情なし

侍U18、や~っと帰国 佐々木らに疲れた表情なし

高校日本代表が帰国。佐々木(右)は奥川と笑顔で別れた (撮影・矢島康弘)

高校日本代表が帰国。佐々木(右)は奥川と笑顔で別れた (撮影・矢島康弘)【拡大】

 韓国・釜山郊外の機張で8日まで開催された野球の18歳以下によるU18W杯に出場した高校日本代表が10日、成田空港着の日航機で帰国した。当初予定していた9日は台風15号の影響で航空便が欠航となり、釜山市内のホテルで延泊していた。

 到着ロビーでは約40人に出迎えられた。前日に韓国・金海空港で保安検査場をくぐった後に10時間近く足止めされたが、高校最後の大会を終えた佐々木朗希投手(大船渡3年)らに疲れた表情はなし。そのまま帰宅する選手、ホテルに泊まる選手に分かれ、チームは解散した。

 今後の進路について佐々木は「(大船渡に)帰ってから決める」と説明しており、家族や学校関係者と話し合い、決定する方針だ。9月中にも進路表明の記者会見を行う予定で、そこでプロ志望を明らかにするとみられる。 (樋口航)