2019.9.10 22:02

ロッテ、日本ハム戦7連勝で今季最多タイ貯金2

ロッテ、日本ハム戦7連勝で今季最多タイ貯金2

ヒーローインタビューの後、観客に手を振るロッテ・石川=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)

ヒーローインタビューの後、観客に手を振るロッテ・石川=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)【拡大】

 ロッテは10日、日本ハム23回戦(東京ドーム)に10-2で連勝。5月17日以来、今季最多タイの貯金2とし、4位楽天とのゲーム差を1に広げた。

 二回にマーティンの12号2ランで先制。四回は2死から5連打で3点、五回は暴投と田村の2点打でさらに3点を加えた。投げては先発の石川が、6回2失点で6勝目を挙げた。

 日本ハム戦は今季、7月20日まで札幌ドームで8戦全敗を喫するなど、5勝11敗と大きく負け越していた。しかし、同21日に勝利し、昨季から続いた札幌ドームでの連敗を10で止めると、そこから7連勝で12勝11敗と、ついに勝ち星が先行した。

 井口監督は「石川らしい投球をしてくれた。球数も決めていて、点差もあったのでうまく流れをつなげた。(打線も)全員がしっかり打ってくれた。ここにきて集中力も上がって、みんなしっかり攻撃してくれている」と語った。

試合結果へ

  • 9回、2点適時三塁打を放つロッテ・三家=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 5回、2点適時打を放つロッテ・田村=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、日本ハム・中田翔の打球を捕球後に倒れ込むロッテ・マーティン=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、適時打を放ったロッテ・田村=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、適時打を放ったロッテ・レアード=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 4回、適時打を放つロッテ・藤岡=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 2回、先制の2点本塁打を放つロッテ・マーティン=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)
  • 先発のロッテ・石川=東京ドーム(撮影・加藤圭祐)