2019.9.10 20:56

ロッテ・岡、今季13度目で初盗塁死

ロッテ・岡、今季13度目で初盗塁死

 ロッテの岡大海外野手(28)が10日、日本ハム23回戦(東京ドーム)で、マーティンに代わって四回から途中出場。八回に二盗に失敗し、今季13度目で初の盗塁死となった。

 ときには試合終盤の重要な局面で、大きな戦力となっていた岡の盗塁が、ついに止められた。8-2の八回1死、一塁走者の岡は、打席に田村を迎えた初球で果敢にスタートを切った。ヤクルトの山田と今季2人だけ、シーズン終盤まで盗塁成功率100%を続けてきた俊足だったが、村田-清水のバッテリーに刺された。