2019.9.8 18:17

ロッテ・レアード、ついに目覚めた4カ月ぶり猛打賞「結果を出せてよかった」

ロッテ・レアード、ついに目覚めた4カ月ぶり猛打賞「結果を出せてよかった」

4回、ロッテ・レアードが適時二塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)

4回、ロッテ・レアードが適時二塁打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・村本聡)【拡大】

 不振が続いていたロッテのブランドン・レアード内野手(31)が8日、ソフトバンク24回戦(ヤフオクドーム)に「8番・三塁」で出場。3打数3安打4打点の大当たりで、5月15日のオリックス戦以来となる猛打賞をマークした。

 「感触よく打席に入って、捉えることができた。結果を求められる中で、結果を出せてよかった」

 1点を先制された直後の二回2死一塁では、8月7日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)以来、実に92打席ぶりとなる32号2ランも放ち、「長い期間打つことができていなかったので、ホームランを打つ感覚も、すしの握り方も忘れてしまいそうだった」とホッとした表情を浮かべた。

試合結果へ